小さくなった子供用Tシャツを大きくサイズアップするリメイク

ブルーとグレーの小さくなって着れなくなったTシャツ2枚を合体させて、大きいサイズにサイズアップしてリメイクしました。

子供の成長に合わせて、身幅、着丈、袖幅、襟ぐりを大きくしています。

今回は男の子用のTシャツを使用。

スポンサーリンク

おおまかな作り方

男の子でも、女の子でも使えるリメイクのデザインです。

パーツの幅を変えて、成長に合わせて大きくできます。

今回はこのグレーのTシャツとブルーのTシャツを使いました。

ブルーのTシャツをメインにして、グレーのTシャツをはめ込んでいきます。

まず、ブルーのTシャツを裏返して、脇、袖下の縫い代と、襟ぐりのリブを切り取ります。

襟ぐりの真ん中から、裾の真ん中を結んだ線を縦に切ります。

横方向はお好みの場所でカットします。

切り取った場所に、大きくしたい幅+縫い代にカットしたグレーのTシャツの生地を縫い付けます。

成長に合わせて身幅を出すと、どうしても襟ぐりが大きくなり過ぎるので、

首のところでタックをよせています。

首回りは、グレーのTシャツの生地でパイピング処理しています。

[ad]

ロゴ部分でポーチ

グレーのTシャツのロゴ部分でポーチも作りました。

Tシャツの残りの生地を好みの大きさにカットして、ファスナーをつけただけの簡単ポーチです。

普段、外出時に荷物が多く、大きなバッグを持ち歩く私には、ポーチは必需品です。

リメイクは頭の体操にもなります

今、着ているTシャツの身幅や着丈、襟ぐりなどを計って、その大きさになるには、どこを何センチ大きくすればいいか計算するのは、結構、頭の体操になります(笑)。

リメイクって、エコにもなりますが、ちょっと遊べて好きです。

何より、製作費¥0が、大阪人の私としてはうれしい。

スポンサーリンク

同じやり方で大人用も作りました。

太って着れなくなったTシャツをサイズアップするリメイク(大人用)
太ってしまって着れなくなったTシャツをサイズアップするリメイクです。袖幅と身幅を大きくするだけ。脇に1本の短冊状の布地をはめこむだけなので、簡単です。身長はさほど高くないぽっちゃりさんで、市販のLサイズは着丈が長いというような時におすすめです。