細見え模様?ロングカーディガン無料編み図(13~15号サイズ用)

細見え効果をねらったデザインの、ロングカーディガンです。

裾も袖口も衿もガーター編みしたのち伏せ止め。

前立てのみ1目ゴム編みですが、ここも最後は伏せ止めです。

スポンサーリンク

私のようにゴム編みの最後を、毛糸針で1目ゴム編み止めするのがめんどうだ!というかたにおすすめのデザインです。

下にスクロールするとPDFの編み図もあります。

※編み図はフリーのソフトで作成しているため、詳細の変更ができず赤字で訂正している箇所が多数あります。見にくくて申し訳ありません。

※編み図をご利用の際には、恐れ入りますが当サイトの利用規約をお読みください。

細見え効果をねらったデザインのポイント

(私の身長は159センチです。)

袖口やすそをゴム編みにせずガーター編みにしたので、ジャケットのような平らな、ストレートなシルエットです。

袖口やすそをゴム編みにしてしまうと、丸みのあるシルエットになります。

ふくよかさんの場合は丸みを強調せずに、ストレートにすとんと落ちるシルエットのほうが細見え効果が期待できるかも、と思っています。

それから交差模様(なわ編み)も縦長にして、縦の線を強調してみました。

これも細見え効果につながるといいなと思っています。

またなるべく脇線から目をそらしてからだの中心に視線を集めたほうが、横幅を感じさせないかもと思い、なわ編みもからだの中心よりに配置しました。

出来上がり寸法

胸回り 106センチ

着たけ 76センチ

ゆきたけ 76センチ

材料と用具

・Candy Color Mix (キャンディ カラー ミックス)(ユザワヤ)色番号102(アクリル100%) 1玉30グラム×32玉(合計960グラム)

・直径2センチのボタン8個

・棒針 8号 6号

ゲージ

メリヤス編み17目×23段

交差模様 30目23段

スポンサーリンク

編み方と編み図

1.後ろ身頃を編む

一般的な作り目(棒針に直接糸をひっかけて目を作る)で128目作り、6号針でガーター編みを8段編みます。そのまま8号針でメリヤス編みと模様編みを、図の通りバストラインの減らし目(12段1目8回、10段1目1回、10段平)をしながら116段編みます。袖ぐりは、4目伏せ、2段2目2回、2段1目4回、4段1目1回、8段1目1回、30段平、後ろ衿ぐりの減目は(42目休み目)2段4目1回、2段平です。最終まで編んだら、肩は休み目にします。

交差模様は12段1模様です。

2.前身頃を編む

左右対称になるように、編み図どおりと、反転させたものと合計2枚編みます。63目の作り目をして6号針で8段ガーター編みして、8号針でメリヤス編みと模様編みを、図の通りバストラインの減らし目(12段1目3回、10段1目7回、10段平)で116段編みます。袖ぐりの減らし目は5目伏せ、2段3目1回、2段2目1回、2段1目2回、4段1目2回、38段平です。前襟ぐりの減らし目は(18目休み目)2段2目1回、2段1目1回、4段1目2回、12段平です。最終まで編んだら、肩は休み目にします。

3.袖を編む

袖は同じものを2本編みます。56目作り目をして6号針で8段ガーター編みしたら、8号針でメリヤス編みと模様編みで袖下をかけ目の増目で編んでいきます。そで下の増目は6段1目15回、4段1目1回、4段平、です。袖山の減目は2目伏せ、2段2目1回、2段3目1回、2段2目4回、2段3目1回、2段2目4回、2段1目2回、2段2目1回、2段平、28目伏せです。

4.まとめ

1.肩を中表に合わせ、引き抜きはぎにします。

2.後ろ衿ぐりから56目、前衿ぐりからそれぞれ33目ずつひろって6号針で8段ガーター編みします。前立ては222目(衿とすそのガーター編みからはそれぞれ6目、メリヤス編み部分からは210目)ひろって、1目ゴム編みを往復で8段編んで伏せ止めします。右前立てには1目のボタン穴を8個作ります。

3.身頃と袖を突き合わせ、目と段のはぎ、脇と袖下をそれぞれすくいとじいます。

4.左前立てにボタンをつけます。

 

ロングカーディガン編み図PDF

↑クリックすると編み図が、A4サイズ×5枚で出力できます。ご自身でプリントアウトするときなどにご使用ください。

※写真のカーディガンは、家にあった23ミリのボタンをつけたのでちょっとボタンが大きめです。

23ミリだとボタン穴に入れるのがきついです。2センチのボタンのほうが、スムーズにボタン穴に入ります。

スポンサーリンク

ゴム編みをなしにすると、一気に編めるし、最後は伏せ編みでいいし。

あと、袖口も締め付けないのでらくです。