ニット素材カットソーとスカートのセットアップは縫うのも着るのも楽

この秋に、活躍しそうなセットアップを縫いました。

もともとセットアップでない、別々の型紙を、私が勝手にセットアップにしました。

セットアップにすると、心なしかすっきり見えて、細く見えるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

ソーイングのいいところは、こんなことが自由にできるところ。

気に入ったトップスの型紙があり、それとは別に自分で適当に作ったスカートの型紙もありました。

この2つを同じ生地で縫って、セットアップにしました。

使用したパターンは月居良子さんの本

今回トップスで使用したのは、月居良子さん著「かんたん、かわいいまっすぐソーイング」。

その中の「19 コットンチュニック」です。

この本、とにかく簡単。そして本当にかわいい!ふくよかさんにはうれしい、ルーズシルエットです。

どのくらい簡単かというと、通常ソーイング本に付いている型紙がついてないくらい。

パターンが簡単過ぎて、型紙も不要といった感じです。

アイテムによっては、型紙も作らず、直接布地にマークして直裁ちできそうです。

このコットンチュニックは、ウールでも作れるので冬ものにも応用できます。

しかもこの形なら、ボトムがスカートでもパンツでも合いそうです。

超便利。

パターンも縫うのも簡単!

パターンを紙に書くのも簡単(前身頃と後ろ身頃はパターンも共通)なうえに、ソーイングも前身頃と後ろ身頃を縫い合わせ、ネックの肩の部分に三角形のまちを縫い付けて、袖をつけるだけ。

私は裁断から縫いあがるまで、4時間くらいで出来上がりました。

我流で適当ですが私が引いたスカートの製図(ニット地用)

ちなみに、スカートの製図(13~15号サイズ用)です。

ペイントでフリーハンドで書いたもの。

雑で申し訳ないですm(_ _)m

私が適当に私のサイズ(13~15号サイズ)用に作成したものです。

素人が適当に書いた製図なので、ご容赦ください。

こちらもパターンは前後共通です。

2パーツを縫い合わせます。

ウエスト部分にはゴムとひもを通すので、縫い代を縫う時には、ゴムを通す箇所を開けておいてください。

ゴムの太さはお好みで(でもある程度太いほうがいい)

今回、私は1センチ幅のゴムを入れましたが、1.5~2センチ幅のほうが安心かもしれません。

秋冬の生地は重みがあるので、1センチ幅のゴムだと、若干たよりない感じもしました。

そして私は、用心深いので、ボタンホールを2つ開けて、ひもも通しました。

万が一、ゴムが切れたり、ゆるんだりした時の用心です。

もちろんひもはお好みで。

太目のしっかりしたゴムを通せば、ひもなしでも大丈夫です。

(ゴムを太くする時には、ウエスト部分の縫い代を多くしてください。)

ジャージ素材のセットアップなので、スニーカーに合わせてスポーティーにしたり、カーキ色の中ヒールに合わせてちょっと女っぽくもできるかな、と思っています。

先日GUで見て、気になっているローファーがあるのですが、それを合わせても良さそげです。

スポンサーリンク

パターンがシンプルなのでリメイクにも便利

このトップスについては、シルエットも、ソーイングが簡単な点も気に入ったので、リメイクでも型紙を使用しました。

買ったものの、ちょっと違うかも?と思いあまり着ることがなかったトレーナーをリメイクしました。

飽きたり太ったりで着なくなったトレーナーのサイズアップリメイク
月居良子さん著「かんたん、かわいいまっすぐソーイング」の「19 コットンチュニック」の型紙を使って、手持ちの着なくなったトレーナーをリメイクしてみました。こんなふうにリメイクすれば、ネックや袖口がくたびれたトレーナーもまた生き返りそうです。

「天然素材が気持ちいいね」もおすすめ

夏物のソーイングですが、同じ月居良子さんの著書で「天然素材が気持ちいいね〈vol.1〉手作りするならリネン、コットンの服」もおすすめです。

こちらもシンプルで、着やすそうなおしゃれな服が満載。

サイズも13号まで対応してます。

スポンサーリンク

「天然素材が気持ちいいね〈vol.1〉」からは、キャミソールをアレンジしてワンピースを作りました。

らくちんで体型もカバーできるキャミソールをアレンジしたワンピース
「天然素材が気持ちいいね〈vol.1〉手作りするならリネン、コットンの服」に掲載されている、「12キャミソール」を夏用ワンピースにアレンジしました。着ていてとてもらくちん。縫うのもらくちん。何枚も縫ってしまいました。